依頼内容

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください。

フォームへ
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

測温抵抗体の抵抗素子の抵抗値は温度の変化により、一定の割合で変化します。このため、PTC(positive temperature coefficient) とも呼ばれます。産業用途の測定においては、抵抗素子にはPt100 または PT1000 が用いられます。国際規格IEC 60751 (DIN EN 60751) ではこれらの抵抗素子の正確な特徴とそれに基づく温度計が定義されています。抵抗素子の特性に関するより詳細な情報はWIKA Technical information IN 00.17よりご覧いただけます。

Pt100/Pt1000 測温抵抗体のデザイン

産業用途では、Pt100/Pt1000 測温抵抗体は通常、測定インサートとしてコネクションヘッドや適切な保護アクセサリに取付けられて用いられています。電気接続はコネクションヘッド内で行われます。測定インサートとして容易に取替え可能な温度計ユニットが参照されます。これは、適切な材料の導管またはケーブルで構成され、その端にはPt100 / Pt1000プラチナ抵抗素子が1つ以上含まれています。サーモウェルによって保護され、温度測定点はプロセスを阻害することなく温度計の交換や校正が可能な構造にできます。

Pt100/Pt1000測温抵抗体のさらなる産業デザインとして知られているのがケーブルプローブです。これらのケースではコネクションケーブルは温度計の金属部に直接組み込まれています。

Pt100/Pt1000測温抵抗体向けアプリケーション

Pt100またはPt1000抵抗素子はそれぞれのアプリケーションによって使われています。プロセス産業においてPt100は世界中でもっとも頻繁に利用されている抵抗素子です。しかし、Pt1000のほうが適しているアプリケーションもあります。例えば2線式接続ではPt1000抵抗素子がPt100よりも適しています。これは測定誤差全体におけるケーブル長の影響がPt100の影響のほんの一部にすぎないからです。また、バッテリ式温度計を使用すると、Pt1000センサの公称抵抗が高くなるため、機器のエネルギーバランスにプラスの効果があります。このため、バッテリの寿命は長くなり、メンテナンス間隔が長くなり、サービスコストが削減されます。Pt1000抵抗素子を使用する場合、下流の評価電子機器が実際にPt1000信号を処理できることが保証されていなければなりません。現代の温度コントローラまたは表示装置では、この機能は通常備わっているため、センサ入力を自由に構成することができます。


WIKAは、Pt100またはPt1000センサーのいずれかで、すべての抵抗温度計を供給できます。


ご連絡ください

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください:

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません

  • 0