WIKAの荷重変換機は付属のひずみゲージ又はシンフィルムセンサーと合わせて届けられます。ひずみゲージの技術は幅広い範囲で形状の多様性と高精度を提供いたします。また、非常に小さな荷重の検知にも適しています。測定範囲は0.5 N ... 10,000 kN以上まで拡大できます。シンフィルムセンサー付き荷重変換機は特別な製品やOEM製品の製造において非常にコスト効率が良く、安全に関するアプリケーションにもその冗長出力信号により適しています。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

名目上のフォースは何ですか?

公称フォースは、荷重変換機が名目上設計されている最大の力であり、それまでは製造業者の計量仕様に準拠しています。これは、いわゆる「フルスケール値(FS)」とも呼ばれます。

相対的な直線偏差とは何ですか?

相対直線性偏差は、測定範囲の最終値を基準として、増加する力で決定された基準線(BFSL)からの力変換器の特性線の最大偏差の大きさを示します。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません