ダイアル式温度計はバイメタル、ガス又は液体膨張の原理で動作します。これにより異なる精度クラス、応答時間、そして環境からの影響に対する耐性で-200から700℃の測定範囲を可能にしています。多様な接続デザイン、ステム外径そして個別のステム長は柔軟な測定ポイントのデザインを可能にしています。キャピラリー付ダイアル式温度計はとりわけ広い用途に使用されます。必要な場合、すべての温度計は保護管との併用に対応します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

一体型サーモウェルと組み立て型サーモウェルの違いは何ですか?

組み立て式サーモウェルは、製造工程において固体溶接チップ(例えば)により閉じられた管から製造されています。一体式サーモウェルは一式の棒体(円柱形または六角形)から製造されています。

機械式温度計の初期検証は可能ですか?

2015年1月1日以降、新しい測定および確認法が施行されました。これは、もはやダイヤル温度計の初期検証を許可しません。初めて測定器を市場に出すために初期検証が必要な場合、この要件は適合性評価手順によって満たされます。

適切な重量と尺度のオフィスの代わりに、製造者が選択した適合性評価機関(これは依然として重量および措置)は、適合証明書の発行を通じて、有効な法的要件と測定器の適合性を確認します。これに基づいて、測定器の製造業者は、測定器の適合宣言書を作成します。条件が満たされていれば、有効期限が切れると、 ... さらに

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません