ダイアル式温度計はバイメタル、ガス又は液体膨張の原理で動作します。これにより異なる精度クラス、応答時間、そして環境からの影響に対する耐性で-200から700℃の測定範囲を可能にしています。多様な接続デザイン、ステム外径そして個別のステム長は柔軟な測定ポイントのデザインを可能にしています。キャピラリー付ダイアル式温度計はとりわけ広い用途に使用されます。必要な場合、すべての温度計は保護管との併用に対応します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

負温度でのサーモウェルに適した材料は何ですか?

初めて高温で使用する場合には、常に1.4404や316Lといったステンレス鋼を選択するべきです。(AD2000 W10で認められているのは-270℃まで)炭素鋼は、ドロップオフ効果の影響を鑑みて詳細を慎重に検討するべきです。

intelliTHERM 機器においてホールセンサーがもたらす機能は何ですか?

ホールセンサーに影響する磁界は、ホールセンサーから一定の距離に配置された永久磁石の移動に由来します。したがって、ホールセンサーに対する永久磁石の回転角を測定することができます。intelliTHERM器具では、ポインターに固定された永久磁石がポインターシャフトの中央にあります。ポインターが回転すると同時に磁石が回転します。したがって、磁石の2つの極の間を流れる磁力線の角度は、ホールセンサーに呼応して変化します。ホールセンサーへ伸びる磁力線の各角度での磁界強度はそれぞれ違うため、ホールセンサーはポインターの回転角度に比例するホ ... さらに

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません