キャリブレーションバスは、液体供給を利用して自動的かつ迅速に温度を測定する電子制御装置でございます。 測定チャンバでの高い信頼性、精度および優れた均質性のために、キャリブレーションバスは、自動試験や校正にてプローブの直径 が及ぼす影響に無関係の広範囲の温度分析を行う工場 / 作業基準に特に適しています。特別なマイクロキャリブレーションバス設計により、現場対応が可能になります。

校正サービス

WIKAに測定器の校正とメンテナンスを依頼してください。

詳細
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

最良の結果を得るためにインサートをどのように設計する必要がありますか?

インサートは、テストアイテムの直径に合わせて穿孔する必要があります。 一般的に、テストアイテムの熱膨張を考慮して、内径はできるだけ小さくなるように選択する必要があります。 温度計とボアとの間のエアギャップは熱伝達に対する抵抗として作用し、熱伝導による熱伝達に著しく影響します。結果として、テストボアの直径は、温度計の外径より最大0.5mm 大きい必要があります。

放射状(円形)勾配とはどういう意味ですか?

個々のインサートボア間の温度差のことを意味します。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません