キャリブレーションバスは、液体供給を利用して自動的かつ迅速に温度を測定する電子制御装置でございます。 測定チャンバでの高い信頼性、精度および優れた均質性のために、キャリブレーションバスは、自動試験や校正にてプローブの直径 が及ぼす影響に無関係の広範囲の温度分析を行う工場 / 作業基準に特に適しています。特別なマイクロキャリブレーションバス設計により、現場対応が可能になります。

校正サービス

WIKAに測定器の校正とメンテナンスを依頼してください。

詳細
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ドライウェルキャリブレータとマイクロキャリブレーションバスの違いはなんですか?

ドライウェルキャリブレータ/マイクロキャリブレーションバスは、加熱された(冷却することも可能な)断熱金属ブロックと、ペルチェ素子で動作する機器とで構成されています。キャリブレータが制御する基準は、金属ブロックに直接取り付けられます。 Pt抵抗温度計を標準として使用する市販の温度キャリブレータの温度範囲は、約-45 °C ... 650 °Cに及びます。ペルチェ素子で動作するキャリブレータは、通常-35 °C ... 165 °Cで使用されます。そしてこれらは35 °C ... 700 ... さらに

ドライウェルキャリブレータのインサートはなにで出来ていますか?

インサートの素材は、ドライウェルキャリブレータの温度範囲に依存します。 選択された素材は、融点からはるかに離れた温度範囲を有するべきである。

-35...165℃    素材=アルミニウム
40...650℃     素材=真鍮
200...1100℃  素材=インコネル

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません