各々の測定タスクに最適な圧力センサ

圧力センサ(圧力トランスミッタ)は物理量“圧力”を産業用の標準信号に変換します。我々の製品は、一般産業向け圧力センサの幅広い範囲をカバーしています。冷凍、空調、食品、重機、医療向けガス、半導体産業向けには特別製のものが利用可能です。

この圧力計は0.05barから15,000barの測定範囲で0.05%からの精度をCANopenやIO-Linkなどのデジタルインターフェイスに対応し、また防爆範囲を含む様々な国際規格に適合しています。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

内部ダイアフラムまたはフラッシュ接続を備えた圧力センサーはいつ使用されますか?

内部ダイアフラムを有する圧力センサは、取り扱いが容易で低コストで製造することができるので、気体および液体媒体の業界標準である。 アプリケーションで圧力接続部の残留物のない清掃が必要な場合は、フラッシュ接続部を備えた圧力センサーを使用します。

ゼロ点誤差、スパン誤差、および非線形性は、圧力センサの精度にどのように影響しますか?

3つすべての測定誤差が同時に発生した場合、それらは互いに打ち消し合うか、合計誤差を増加させます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません