WIKAダイアフラムシールは圧力計、プロセストランスミッタ、圧力スイッチなどに取り付けられ、最も難しい計測タスクに使用されていると国際的に認知、評価されています。ダイアフラムシールの使用により、この測定機器は-90から400℃の温度で刺激性、腐食、混成、研磨性、高粘性そして毒性媒体に使用できます。最適なダイアフラムシール設計、素材そして充填媒体が各用途で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ダイアフラムシールが取り付け可能な機器は?

ダイアフラムシールはほぼ全ての圧力ゲージ、プロセストランスミッタ、圧力スイッチまたは圧力センサーに取り付けて使用可能です。

ダイアフラムシールのしくみは?

適切な素材で作られたダイアフラムは、測定される媒体を測定器から分離します。ダイアフラムと圧力計の間の空間はシステム充填液で完全に満たされています。プロセス圧力が伸縮性のダイアフラムによりシステム充填液に伝わり、そこから測定器に伝わります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません