WIKAダイアフラムシールは圧力計、プロセストランスミッタ、圧力スイッチなどに取り付けられ、最も難しい計測タスクに使用されていると国際的に認知、評価されています。ダイアフラムシールの使用により、この測定機器は-90から400℃の温度で刺激性、腐食、混成、研磨性、高粘性そして毒性媒体に使用できます。最適なダイアフラムシール設計、素材そして充填媒体が各用途で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ダイアフラムシールの直径が測定値にどう影響するか?

直径が小さいダイアフラムシールでは小さな液体量変化しか測定することができません。ダイアフラムシールの直径が大きければ大きいほど、測定値の偏差は小さくなります。

種類の異なるシステム充填液が使われている理由は?

システム充填液を選択するにあたり、親和性(生理学的に無害であること)や測定を行う場所の温度・圧力条件は重要事項です。使用するシステム充填液により、適切な最低・最高作業温度の範囲に注意しなくてはなりません。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません