GISの内部および外部システムにおけるSF6ガスの密度、温度、圧力そして湿度の高精度オンライン監視向けに、WIKAのガス密度センサは特に適しています。この機器は非常に良い長期間安定性とEMC特性を保証する高精度センサ技術をベースに設計されています。また任意で、ガス密度トランスミッタと従来のスイッチ接点付ガス密度表示計を組み合わせたハイブリッドソリューションもあります。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ガス密度センサーの湿度測定が、妥当な値を示さないことがあるのはなぜですか?

測定センサーは、試運転後、正しい測定値に落ち着きます。初期条件によっては、最長2日間かかります。

2日後であっても、ガス密度センサーが妥当な値を与えないのはなぜですか?

ガス密度センサーが2日たっても妥当な示度を示さない場合、設置を確認することをお勧めします。センサーはできるだけガスコンパートメントの近くに設置し、広い範囲でガスと接触する必要があります。たとえばパイプラインの終点に設置すると、湿度測定に問題が発生することがあります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません