1,700℃までの温度測定に対応した熱電対

熱電対は温度に直接依存する電圧を発生させます。特に1,700℃までの高温に適しています。ミネラル絶縁シースケーブルより設計された機器は高振動負荷に対して非常に高い抵抗性(機器モデル、センサエレメントそして接液面による)があります。熱電対には、精度クラス1と2があります(標準と特殊製品)これらは共にEC 60581 / ASTM E230に準拠した精度内で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

MIケーブルの壁はどのくらいの肉厚がありますか?

ほとんどの製造業者がMIケーブル外径の10%に相当する最低肉厚を設けています。

鉱物絶縁(MI)ケーブルとは何ですか?

抵抗温度計用の無機絶縁ケーブルは、高密度酸化マグネシウムに埋め込まれ、1.4571ステンレス鋼などからできたケーシングチューブに覆われた1本以上の銅線からできています。熱電対用には銅線ではなく、熱電対のタイプに合った熱電対ケーブルが使用されます。熱電対に最もよく使われる被覆素材はインコネル2.4816です。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません