1,700℃までの温度測定に対応した熱電対

熱電対は温度に直接依存する電圧を発生させます。特に1,700℃までの高温に適しています。ミネラル絶縁シースケーブルより設計された機器は高振動負荷に対して非常に高い抵抗性(機器モデル、センサエレメントそして接液面による)があります。精度クラス1および2は、IEC 60584に準拠した熱電対、およびASTM E230に準拠した標準および特殊クラスに適用されます。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

セラミック製サーモウェルの高温プローブを設置する際に気を付けなくてはならないことは何ですか?

セラミックサーモウェルが内部熱応力により破壊されるのを防ぐために、取り付け・外しは静かに、徐々に行わなければなりません。事前に熱しておくか、ゆっくりと挿入する必要があります。例:毎分1〜2 cm(1,600℃まで)、毎分10〜20 cm(1,200℃において)。

熱電圧(またはゼーベック効果)とは何ですか?

トーマス・ヨハン・ゼーベックにちなんで名付けられたこの効果は、熱電対の接続点と開口端に温度差がある場合、2つの異なる金属導体が2点の異なるポイントで接続された時に電圧が発生することを説明したものです。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません