Pt100/Pt1000抵抗素子付測温抵抗体

プラチナセンサエレメントを装着した測温抵抗体は温度計としての機能として電気抵抗が変化します。製品の範囲より接続ケーブルやコネクションヘッド付測温抵抗体をお選び頂くこともできます。温度トランスミッタはコネクションヘッド内に直接取り付けることが出来ます。測温抵抗体は-200から600℃のアプリケーションに適しています。(機器モデル、センサエレメント、精度クラスそして媒体に接する素材に依存します)。

精度クラスAA、AそしてBはすべての測温抵抗体に適用されます。これらはIEC 60751の精度値で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

絶縁抵抗が低い場合にどのような影響がありますか?

DIN EN 60751のセクション6.3.1に則り、各測定回路と被覆の間の絶縁抵抗は、100 V DCの最低試験電圧において100 MOhmを下回ってはなりません。絶縁抵抗が低すぎる場合は、測定エラーが起こり過低温の表示がされます。抵抗温度計(外装ケーブルの付いたもの)に関しては、100 kOhmの絶縁抵抗においては0.25 Ohmまでの、そして25 kOhmにおいては1 Ohmまでの表示エラーが起こります。全てのWIKA製抵抗温度計に対して、500 V DCの電圧と > 1,000 MOhmの絶縁抵抗においての絶縁 ... さらに

「Pt100」とはどのような意味ですか?

Ptはプラチナを意味し、公称抵抗値は0℃で100Ωです(EN 60751)。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません