Pt100/Pt1000抵抗素子付測温抵抗体

プラチナセンサエレメントを装着した測温抵抗体は温度計としての機能として電気抵抗が変化します。製品の範囲より接続ケーブルやコネクションヘッド付測温抵抗体をお選び頂くこともできます。温度トランスミッタはコネクションヘッド内に直接取り付けることが出来ます。測温抵抗体は-200から600℃のアプリケーションに適しています。(機器モデル、センサエレメント、精度クラスそして媒体に接する素材に依存します)。

精度クラスAA、AそしてBはすべての測温抵抗体に適用されます。これらはIEC 60751の精度値で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

電子温度計は校正できますか?

抵抗温度計(例:測定インサート)を校正することはできません。通常電子温度計は測定器または評価ユニットに接続されているため、測定チェーン全体を校正することしかできません。しかし、測定インサートは設計試験の対象となることがあり、合格すれば設計試験証明書が発行されます。応用分野の例:鉱物油計器用の抵抗温度計。

鉱物絶縁(MI)ケーブルとは何ですか?

抵抗温度計用の無機絶縁ケーブルは、高密度酸化マグネシウムに埋め込まれ、1.4571ステンレス鋼などからできたケーシングチューブに覆われた1本以上の銅線からできています。熱電対用には銅線ではなく、熱電対のタイプに合った熱電対ケーブルが使用されます。熱電対に最もよく使われる被覆素材はインコネル2.4816です。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません