Pt100/Pt1000抵抗素子付測温抵抗体

プラチナセンサエレメントを装着した測温抵抗体は温度計としての機能として電気抵抗が変化します。製品の範囲より接続ケーブルやコネクションヘッド付測温抵抗体をお選び頂くこともできます。温度トランスミッタはコネクションヘッド内に直接取り付けることが出来ます。測温抵抗体は-200から600℃のアプリケーションに適しています。(機器モデル、センサエレメント、精度クラスそして媒体に接する素材に依存します)。

精度クラスAA、AそしてBはすべての測温抵抗体に適用されます。これらはIEC 60751の精度値で利用可能です。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

「Pt100」とはどのような意味ですか?

Ptはプラチナを意味し、公称抵抗値は0℃で100Ωです(EN 60751)。

「負温度係数サーミスタ」とはどのような意味ですか?

負温度係数サーミスタは、温度が上がると低い時よりも電気の通りが良くなります。これはNTC抵抗(負温度係数)として知られています。通常、NTCはプラスチック、食品、飲料業界で使用されています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません