“ダイアフラムシールシステム”には一般的に標準圧力計測器と標準ダイアフラムシールの組み合わせがあります。ここで紹介されているすべてのダイアフラムシールシステムは高速で利用可能であり、またとりわけ製薬、生物工学産業、食品、飲料、オイル、ガス、化学、石油化学、そして半導体産業が要求する計測タスクに適しています。すべてのWIKAダイアフラムシール製品一覧は“ダイアフラムシール”のページでご覧頂けます。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ダイアフラムシールを無菌状態で取り付ける場合は?

プロセスにガス・圧縮空気または蒸気を使用する場合、さらに媒体が液状・ペースト状・粉状・高温である場合に、衛生的に設計された圧力計と共にダイアフラムシールを使用します。ダイアフラムシールは、測定器に衛生的に取り付けるために要求される温度に対し耐性があります。

また、衛生分野での使用において準拠必須であるSIP・CIP基準にも適合しています。SIP・CIPとは、プロセス中の濡れたパーツの滅菌・洗浄方法のことです。圧力計とフラッシュダイアフラムシールまたはインラインダイアフラムシールの組み合わせは、衛生器具に ... さらに

液体量がダイアフラムシールシステムにどう影響するか?

ダイアフラムシールを圧力計に取り付ける際、ダイアフラムシールは許容範囲内の液体量(少なくとも圧力計の管理量と同じ量)を確保しなければなりません。実際の作業状況下においては、温度と圧縮性によりシステム充填液の量が変わるということを考慮する必要があります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません