“ダイアフラムシールシステム”には一般的に標準圧力計測器と標準ダイアフラムシールの組み合わせがあります。ここで紹介されているすべてのダイアフラムシールシステムは高速で利用可能であり、またとりわけ製薬、生物工学産業、食品、飲料、オイル、ガス、化学、石油化学、そして半導体産業が要求する計測タスクに適しています。すべてのWIKAダイアフラムシール製品一覧は“ダイアフラムシール”のページでご覧頂けます。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ダイアフラムシールの適用範囲は?

ダイアフラムシールシステムは、極端な低温・高温(130度〜400度)に耐えることができ、様々な媒体を使用することができます。それにより、過酷な環境下でも正確な圧力測定が可能です。

細管付きダイアフラムシールシステムは高さの違いにどのような反応を示すか?

圧力計とダイアフラムシールの高さに違いがあると測定に影響が出ます。これは細管中の液体の静水圧によるためです。圧力計がダイアフラムシールよりも上に位置している時は圧力計の測定値が減ります。逆に、下に位置している時は測定値が増えます。工場における全体のシステムはダイアフラムシールと測定器が同じ高さで使用されることを想定していますので、高さの違いを考慮する必要があります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません