プロセス温度はローカルに表示され、また同時に限界値が監視されなければいけません。スイッチ接点付温度計はこれらの用途に適します。スイッチ接点は表示器上のポインタ位置によって回路を接続または切断します。もし読取値が著しく設定値を上回るあるいは下回る場合、警報を動作させます。このため“警報接点”とも呼称されます。この機器はプロセスの開始、停止、また切替えに適しています。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

サーモウェルにCEマークは必要ですか?

原則としてサーモウェルにCEマークの表示があってはなりません。特殊設計の結果としての例外は、管円周溶接に適しているDN>25のモデルTW61のサーモウェルです。圧力機器指令(2014/68/EU)で規定されているように、これにはCEマークが表示されていなければなりません。

サーモウェルの棒壁とバイメタルコイルの間の隙間が可能な限り低くなくてはならないのはなぜですか?

濡れたサーモウェルの棒からバイメタルスプリングへの熱の伝達が良くなるためです。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません