プロセス温度はローカルに表示され、また同時に限界値が監視されなければいけません。スイッチ接点付温度計はこれらの用途に適します。スイッチ接点は表示器上のポインタ位置によって回路を接続または切断します。もし読取値が著しく設定値を上回るあるいは下回る場合、警報を動作させます。このため“警報接点”とも呼称されます。この機器はプロセスの開始、停止、また切替えに適しています。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

熱膨張式温度計はどのように動作しますか?

測定値の登録は温度プローブ、管、そしてブルドン管より構成される液体充填測定システムによって行われます。これらの3つの構成品は閉管システムに組み合わされています。システムの内部圧力は隣の温度にって変化されます。これがばねに取付けられたポインター軸が回転する要因となり、温度値がスケールに表示されます。長さ500 … 10,000mmのキャピラリーは遠隔測定点での測定を可能にします。測定範囲はEN13190に準拠し精度クラス1,2で -40 … 400 °C です。

絶縁アンプとは何ですか?

絶縁アンプが電子信号を有害環境から伝達します。信号トランスミッタはDIN 19234 (NAMUR)に規定されているセンサーまたは機械式接点のどちらでも可能です。DIN EN 50020に則り、入力は出力と電力供給から安全に隔離されます。DIN EN 50178に基づき、出力と電力供給はお互いから安全に隔離されます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません