WIKAの温度校正器による高効率の校正

ポータブル温度校正器(ドライウェルキャリブレータ)は自動的に迅速にかつ簡潔に温度を表示します。高い信頼性、精度そして簡易的な操作によりポータブル温度校正器は特にあらゆるタイプの温度測定機器の自動試験または校正のための工場 / 作業基準用として適しています。また大きなスリーブ径と迅速で安定した温度制御という特性の結果として校正時間を非常に効率的にするという大きな利点があります。

校正サービス

WIKAに測定器の校正とメンテナンスを依頼してください。

詳細
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

最良の結果を得るためにインサートをどのように設計する必要がありますか?

インサートは、テストアイテムの直径に合わせて穿孔する必要があります。 一般的に、テストアイテムの熱膨張を考慮して、内径はできるだけ小さくなるように選択する必要があります。 温度計とボアとの間のエアギャップは熱伝達に対する抵抗として作用し、熱伝導による熱伝達に著しく影響します。結果として、テストボアの直径は、温度計の外径より最大0.5mm 大きい必要があります。

ドライウェルキャリブレータとマイクロキャリブレーションバスの違いはなんですか?

ドライウェルキャリブレータ/マイクロキャリブレーションバスは、加熱された(冷却することも可能な)断熱金属ブロックと、ペルチェ素子で動作する機器とで構成されています。キャリブレータが制御する基準は、金属ブロックに直接取り付けられます。 Pt抵抗温度計を標準として使用する市販の温度キャリブレータの温度範囲は、約-45 °C ... 650 °Cに及びます。ペルチェ素子で動作するキャリブレータは、通常-35 °C ... 165 °Cで使用されます。そしてこれらは35 °C ... 700 ... さらに

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません