SF6ガスは、意図的に行うことではありませんが、内部に混入してしまった水分と高い電圧により、毒性と腐食性の高い分解生成物質が発生してしまいます。ガス分析器の使用は有害な分解生成物の濃度を監視して長期的にプラントの安全性を保証するために非常に重要な機器です。

WIKAは個々の分解生成物質測定機器、ポンプバック機能を備えた多機能分析器、そして高精度の実験機器によるガス分析など、豊富にラインナップしております。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ガス分析はどのような仕組みによるものですか?

ガス分析機器は特別な接続ホースを使用してガスコンパートメントに接続され、測定が開始されます。そして、計器は少量のガスを取り出し、センサーを通して内部タンクへ流します。しばらくすると、最初の値がディスプレイに表示されます。測定が完了すると、ガスは戻されるか、別のリザーバにポンピングされます。閉回路はSF6温室効果ガスの逸出を回避します。

測定時間を短縮する際、何を考慮する必要がありますか?

測定時間を短縮すると、工場出荷時の設定も同時に変更されます。選択されたモデル構成によっては、データシートに記載されている仕様以外の敏感なセンサーで測定される可能性があります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません