各測定点要求に最適な保護管

WIKAの保護管はくり抜き式と先端パイプ溶接式の両方で厳しく要求される操作条件で使用されています。提供できる保護管は、主にデザインが異なります。 フランジ付き、ねじ込み又は溶接用のねじ付き。サニタリー用途のすべての接続と、ソリッド加工されたVanstone設計の保護管も、溶接シームなしで利用できます。 グローバルスタンダードまたは顧客仕様に準拠した材料の選択と保護管の製造は、センサの最適な保護を保証します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

X線テストとはなんですか?

EN 1435または2010年版ASME セクション V, 項目 2が規定するX線試験により、欠陥(亀裂・隙間・不十分な接着)を調べることで、例えばサーモウェルの完全溶込溶接を検査することができます。サーモウェルの寸法によっては、完全溶込溶接における< 0.5 mmの欠陥を検出するために最高5枚のX線写真が必要となることがあります。またX線試験は、固体材料でできたサーモウェルのボア中心性を記録するのにも使うことができます。この目的のためには、サーモウェルの端がお互い90°になっている時のX線写真が2枚必要です。

サーモウェルの反応速度に影響を与える要因は何ですか?

簡単に言うと、サーモウェルの作りがより安定している場合、温度変化への反応がより遅くなります。反応時間を最適化するために、センサーとボアの内壁の間は壁を薄くし、低空気スペースを設けています。設計においては、ポケット状に掘られた底部分と100 mm以上の効果的な挿入長といった更なる最適化が施されています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません