各測定点要求に最適な保護管

WIKAの保護管はくり抜き式と先端パイプ溶接式の両方で厳しく要求される操作条件で使用されています。提供できる保護管は、主にデザインが異なります。 フランジ付き、ねじ込み又は溶接用のねじ付き。サニタリー用途のすべての接続と、ソリッド加工されたVanstone設計の保護管も、溶接シームなしで利用できます。 グローバルスタンダードまたは顧客仕様に準拠した材料の選択と保護管の製造は、センサの最適な保護を保証します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

古い仕様では雄ネジが使われていたのに対し、現在のサーモウェルにおいて、温度計接続部分に主に雌ネジが使われているのはなぜですか?

雌ネジによる損傷の危険性は雄ネジのそれよりも少ないです。サーモウェルの置換は常に困難を伴うからです。プラントが稼働している間に問題なく温度計を取り外すことができるため、この構成が推奨されています。過去には、ほとんどの温度計がサーモウェルの雄ネジに取り付ける継ナットと共に使われていました。

サーモウェルに対し、どのような試験が一般的に行われている、または可能ですか?

よく使用される非破壊試験は圧力試験、液体浸透探傷試験(溶接されたサーモウェル向け)です。また、ボアの中心性を調べるために超音波またはX線試験も可能です。密封性を調べるためにはヘリウム漏れ試験というオプションがあります。表面仕上げや硬度の試験も可能です。材料試験としては材料識別検査(PMI試験)があります。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません