各測定点要求に最適な保護管

WIKAの保護管はくり抜き式と先端パイプ溶接式の両方で厳しく要求される操作条件で使用されています。提供できる保護管は、主にデザインが異なります。 フランジ付き、ねじ込み又は溶接用のねじ付き。サニタリー用途のすべての接続と、ソリッド加工されたVanstone設計の保護管も、溶接シームなしで利用できます。 グローバルスタンダードまたは顧客仕様に準拠した材料の選択と保護管の製造は、センサの最適な保護を保証します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

古い型の熱電対の先端がよく球状に設計されているのはなぜですか?

過去には、サーモウェルの製造においてHSSドリルが118°の先端角度で使われていました。可能な限り均一な壁厚を実現するため、先端はボール状または球状になっていました。現在の製造技術では、ボアに対しほぼ平らな底を作る特殊な深穴ドリルが使われています。この理由から、平らな先端形状の近代的なサーモウェル(例 DIN 43772)が製造できるのです。

サーモウェル中の温度計の適切なセンサー長はいくつですか?

機械式温度計については、センサーがボアの下部に接触してはなりません。それどころか、2〜5mmの空気の隙間がなくてはなりません。電子温度計については、センサー先端がボアの下部に接触していなければならないものの、センサーが約2〜5mm押し戻されてしまうため、センサーがばねで留められています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません