各測定点要求に最適な保護管

WIKAの保護管はくり抜き式と先端パイプ溶接式の両方で厳しく要求される操作条件で使用されています。提供できる保護管は、主にデザインが異なります。 フランジ付き、ねじ込み又は溶接用のねじ付き。サニタリー用途のすべての接続と、ソリッド加工されたVanstone設計の保護管も、溶接シームなしで利用できます。 グローバルスタンダードまたは顧客仕様に準拠した材料の選択と保護管の製造は、センサの最適な保護を保証します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ヘリウム漏れ試験とは何ですか?

DIN EN 1779 (1999) / EN 13185が規定する漏れ試験においては、試験ガスとしてヘリウム4.6が使用されます。この試験では最小限の漏れ率を検出することができ、漏れ試験における最も高感度な試験方法だと見なされています。一般的に、全体的な試験方法と局所的な試験方法は区別されるべきです。局所的な試験はスプレープローブを使って漏れが発生している場所を特定できるのに対し、全体的な試験においては、漏れ率(例:1x10-7 mbar * l / s)を求めることができます。ヘリウム漏れ試験に合格した後、サーモウェルに ... さらに

「SS 316/316L」のように、材料が二重の規格で認定されているのはどういう意味ですか?

二重に承認された材料は個別材料の要件を満たしています。ASTM A182に準拠しているSS316材料の最大炭素含有量は0.08 %です。SS316L (L=低炭素) の最大炭素含有量は0.03 %です。例えば炭素含有量が0.02 %の合金鋼はどちらの要件をも満たすので、SS316/316Lと表示することができます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません