各測定点要求に最適な保護管

WIKAの保護管はくり抜き式と先端パイプ溶接式の両方で厳しく要求される操作条件で使用されています。提供できる保護管は、主にデザインが異なります。 フランジ付き、ねじ込み又は溶接用のねじ付き。サニタリー用途のすべての接続と、ソリッド加工されたVanstone設計の保護管も、溶接シームなしで利用できます。 グローバルスタンダードまたは顧客仕様に準拠した材料の選択と保護管の製造は、センサの最適な保護を保証します。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

サーモウェルへの許容圧力はどの程度ですか?

DIN 43772の附属書には、異なる管路形状に対する最大許容圧負荷(温度と媒体によって変化する)を示した荷重線図が記載されています。管路形状がDIN 43772に対応しない場合、ASME PTC 19.3またはディットリッヒ/クロッターの規定通り個別の計算を行うことができます。これの静的結果として最大の圧力荷重が含まれます。

ASME PTC 19.3 TW-2016に則ってサーモウェルの計算をする際には、どのような情報が必要ですか?

これに対しては下記情報が必要です:
- 温度
- 圧力
- 流動率
- 媒体の密度
- 挿入長
- ボアの直径
- 谷径
- 先端径
- 先端厚
- アダプターの内径
- アダプターの高さ

詳細は弊社ウェブサイト(www.wika.de)のダウンロードエリアより、技術情報IN 00.15「サーモウェルの強度計算」にてご覧頂けます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません