WIKAのレベル計では起泡性、伝導率、誘電率、圧力、真空、温度、蒸気の有無、凝結、気泡形成、沸騰状態、そして密度変化といった物理的・化学的変化に影響を受けずに連続レベル測定が出来ます。HART®インタフェースにより、界面層および全体のレベルの平行測定が可能です。レベルは高さあるいは量で表示することが出来ます。プロセス接続、ガイドチューブ、そしてフロートは、ステンレススチール1.4571, 1.4435, 1.4539、チタニウムまたは様々なプラスチックから製造出来ます。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

高精度レベル計を使用する利点はなんですか?

  • シンプルかつ効率的な操作の原理は非常に幅広い用途に適しています。
  • 連続したレベル測定は、発泡、導電率、誘電率、圧力、真空、温度、蒸気、凝縮、気泡形成、沸騰などの液体の物理的、化学的な形状変化の影響を受けません。„
  • 長距離の信号伝達
  • シンプルな導入及び試運転、校正は一度きりで再度行う必要はありません。
  • Δ ≥ 50 kg/m&sup3からのインタフェース及び総合レベル測定; 50 kg/m³< ... さらに

磁歪式レベルセンサはどのように使用されていますか?

これらのレベルセンサーはレベルの連続記録の測定値取得用に使用され、磁歪原理に基づいた磁気フロート位置の決定に使われています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません