管表面測定の目的は、チューブの寿命を決定し、トレンドを監視し、システム内に安全装置を提供することです。正確な管表面測定用センサーを使用することにより、お客様は管の耐用年数を延ばすことができ、設備でのヒーター操作の生産を最適化することができます。 WIKAの管表面測定用製品ポートフォリオには、REFRACTO-PAD®、V-PAD®、XTRACTO-PAD®およびWELD-PAD熱電対が含まれます。各ソリューションはアプリケーションに合わせて設計されています。 これらの管表面測定用製品とともに、WIKAは、実績ある管表面測定ソリューションのキーコンポーネントとしての設置サービスを提供しています。

セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

XTRACTO-PAD® (モデル TC59-X)を交換するためには全てのアクセサリを購入する必要がありますか?

いいえ。チューブクリップ、溶接パッド付導管そして熱シールドは再利用可能です。センサーエレメントのみ交換が必要です。溶接の必要はありません。

なぜ管表面測定用熱電対を使用する必要があるのですか?

ヒーターやボイラーの温度測定は非常に重要であり、管表面測定用熱電対はその温度が適切であるかどうかを把握するのに最適な方法です。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません