WIKAの圧力計-1946年からの世界的マーケットリーダー

WIKAのゲージ圧、絶対圧、差圧向け圧力計(機械式圧力計測機器)は数百万回以上の実績があります。幅広い用途に最適なソリューションを得るためには、ブルドン管、ダイアフラムエレメント、カプセルエレメント技術の測定システムの選択肢があります。圧力ゲージは、0〜0.5 mbar から0〜6,000 barの測定範囲で0.1%までの表示精度をカバーします。産業及びプロセス機器向けのさまざまな要件には、銅合金、ステンレススチール又は特殊材料の圧力エレメントが使用可能です。

校正サービス

WIKAに測定器の校正とメンテナンスを依頼してください。

詳細
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

標準圧力計と安全バージョンの違いは何ですか?

安全バージョン(コードS3 EN837に準拠)は追加でダイアルと測定システムの間に溶接ソリッドバッフルウォールがあります。さらに、ケースは完全に吹き出すことが出来るバックウォールを持ちます。ウィンドウは一般的にはラミネート加工された安全ガラスでできています。ハウジング内で発生した圧力(例.ブルドン管の破裂など)は、バックウォールを通して完全に放出され、その後圧力によってケースから放出されます。ウィンドウを通した圧力の放出は起こらないため、作業員にガラス片の飛散による危険性はありません。WIKAではこのような機器は特別にダイア ... さらに

シングルバルブブロックにはどのような機能がありますか?

作業開始時と作業中に片方への超過圧力を防ぐため、そして作業中に零点チェックを行えるようにするために、上流の均圧弁はプラス・マイナス側から均等な圧力をかけることができます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません