依頼内容

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください。

フォームへ
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

WIKAのレベル測定機器の一覧には連続測定機器とレベルスイッチの両方が含まれています。アプリケーションにより異なる測定原理がレベル測定に使われています。

流体レベルモニタリング

安定した水柱下の流体圧力は柱の高さに比例して増加します。よって、例えばウォータータンク内の圧力は水面にかかる大気圧と比較して水深が1メートル増すごとに100mbar増加します。

間接的レベルモニタリングには、圧力測定機器が用いられます。アプリケーションによって、水中用圧力センサーがタンク内に浸漬されるか、またはその他圧力計がタンク外面の下部に取付けられ、タンク底部の開口を通してタンク内容物の圧力が明らかにされます。

密閉タンクでは、レベル測定には、タンク内の流体上に存在するガス圧は必ず測定され、流体圧力から差し引かれなければなりません。これは下記2通りの方法によって実行されます:2つの独立した圧力測定機器を使用し、下流の制御装置内に圧力差を生み出す。または、このアプリケーション向けに設計された2つのプロセスコネクションを持つ特別な差圧測定器を使う。

レベル測定用圧力測定機器はすべての媒体の抵抗と比較的小さな測定範囲によって特徴付けられています。更に水中用圧力センサーが要求されるのは例え水深数百メートルであろうと媒体がケーブルやセンサー本体に決して浸入してはいけないということです。ボアホールや精製所などの危険場所での用途では、測定機器は防爆対応である必要があります。井戸、シャフト、そしてボアホールでの用途ではデザインは可能な限り細身である必要があります。またケーブルには非常に高い耐久性が求められます。

レベルモニタリング向けフロートベース測定システム

レベル測定向けフロートベース測定システムによって、フロートスイッチ、レベルセンサー、バイパス式レベル計の区別がなされています。フロートスイッチはポイントベースの1つまたは複数の限界レベル特定に使用されます。フロートスイッチのシンプルかつ証明された操作原理はあらゆる範囲のアプリケーションに対応出来ます。この機器は、起泡性、伝導率、誘電率、圧力、真空、温度、蒸気の有無、凝結、泡の形成、沸騰、振動といった変化の影響を受けません。精度要求によって、レベルセンサーはリードチェーンや磁歪式測定システムでも利用可能です。

バイパス式レベル計はタンク側面に取付けられ、よくマグネットローラー表示器と組み合わされます。

レベルモニタリング向け光電式レベル測定器

光電式レベルスイッチはポイントベース界面レベルの検出に利用されます。ガラス柱内に赤外線LEDと受光部をもちます。光電式スイッチはそのコンパクトかつ動力を必要としないデザインで知られています。ホウケイ酸塩または石英ガラス製測定チップと頑強なステンレススチールケースによって、高い媒体適合性をもっています。


ご連絡ください

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください:

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません

  • 0