依頼内容

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください。

フォームへ
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

保護管付熱電対はつくりが小さいことと曲げることができる点で従来の熱電対と区別できます。これらの機能により、保護管付熱電対はアクセスの難しい場所での設置に利用することもできます。

保護管付熱電対の組立

保護管付熱電対は、高密度セラミック化合物内に埋め込まれた内部に絶縁リードを含む金属シースによって構成されています(ミネラル絶縁ケーブル、MIケーブルとも呼ばれる)保護管付熱電対は曲げ可能であり、保護管直径の5倍の最小半径に曲げることができます。極めて大きい振動耐性は保護管付熱電対の使用をサポートしています。

保護管の素材にはインコネル600またはステンレススチールが良く使われています。インコネル600(2.4816 ニッケル合金)は、高温にさらされた場合に特定の耐腐食性を必要とする用途、塩化物を含む媒体の応力腐食割れおよび孔食に抵抗する用途の標準材料です。 316ステンレススチール製保護管付熱電対は腐食性媒体および化学媒体中の蒸気または燃焼ガスに対する高い抵抗性で際立っています。

WIKAの幅広い製品範囲で、あらゆるアプリケーションに対して適切なバージョンをお探しいただけます。

頻繁に利用される保護管付熱電対:

タイプ K: NiCr-NiAl 熱電対はワイヤサイズが最大の場合1,200°C(ASTM E230: 1260 °C)までの酸化及び不活性雰囲気でご利用いただけます。

タイプ J: Fe-CuNi 熱電対は真空中、酸化、還元、または不活性雰囲気でご利用いただけます。ワイヤサイズが最大の場合、最大750°C(ASTM E230: 760 °C)までの温度測定に利用されています。

タイプ N: NiCrSi-NiSi 熱電対は最大1,200 °C (ASTM E230: 1260 °C)までの酸化、不活性、 ドライ還元雰囲気でのご利用いただけます。 硫黄雰囲気からは保護される必要があります。高温度で非常に正確です。 起電力(EMF)と 温度範囲はタイプKとほぼ同じです。長期耐用年数や高い安定性が要求されるアプリケーションで利用されています。

タイプ E: NiCr-CuNi 熱電対はワイヤサイズが最大の場合、最大900 °C (ASTM E230: 870 °C)までの 酸化、不活性雰囲気でのご利用いただけます。

タイプ T: Cu-CuNi 熱電対は0 °C 以下から熱電対は、最大350℃(ASTM E230:370℃)から0℃以下の温度に適しており、酸化、還元または不活性雰囲気でご利用いただくことができ、湿気の多い環境でも腐食しません。

保護管付熱電対のご利用に関する仕様は媒体と直接接触するバージョンをご参照いただけます。

タイプ R、S、B 熱電対はMIケーブルに埋め込んでご利用いただくこともできます。これらの保護管付熱電対の温度範囲、精度クラス、寸法に関しましてはお問い合わせください。

保護管付熱電対向けセンサーチップのデザイン


ご連絡ください

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください:

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません

  • 0