依頼内容

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください。

フォームへ
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

温度計はガス、バイメタル、または液体膨張の原理によって動作します。-200 ... +700 °C の温度を測定することができます。すべての機器はサーモウェル内でも動作します。

WIKAは温度計において幅広い製品一覧を提供しています:

温度計は均質材質の温度の状態を測定します。測定システムは測定対象とできるだけ緊密に連動させる必要があります。最も広く使われている測定方法は温度に依存する物理及び材料の特性を用いています。

バイメタル式温度計

バイメタル式温度計は螺旋状あるいは渦巻き状の形状の測定システムで動作します。測定システムは異なる膨張率をもつ2つの板により構成され、切り離せないように接合されています。温度変化による管内にあるバイメタルストリップの機械的な歪みによって温度変化による回転運動が発生し、それによって結果が示されます。バイメタル測定システムの一端がしっかりと締め付けられていると、もう一端がポインタ軸を回転させます。バイメタル温度計はEN 13190に準拠した精度クラス1および2で -70 ... + 600℃の測定範囲で使用できます。

膨張型温度計

膨張温度計は、温度センサー、キャピラリー、ブルドン管から構成されています。測定システムは液体充填されています。温度が変化すると、温度計の内部圧力も変化します。圧力は管を介して指示軸に伝達され、温度が目盛りに表示されます。500 ... 10,000mmの毛管を使用して、遠隔測定点からも測定を行うことができます。拡張温度計の目盛範囲は、EN 13190に準拠して、クラス1と2の精度で-40 ... + 400℃です。

ガス動作式温度計

ガス動作式温度計では、ステム、毛細管およびブルドン管が一体化して1つのユニットになっています。装置には不活性ガスが充填されています。温度が変化すると内圧も変化します。ポインタは、測定管を介して圧力の作用によって移動されます。周囲温度を補償するために、バイメタル素子が運動と測定管との間に取り付けられます。ガス動作式温度計は、精度クラス1で-200 ... + 700℃の測定範囲で使用できます。

機械式ガラス温度計

これらの温度計は、パイプラインのガス、蒸気、液体の温度を監視するのに適しています。温度計は、測定範囲表示用の切り欠きがあるケースに収容されています。機械式ガラス温度計は、しばしばV字形のケースと共に使用されます。

WIKAのプロセスゲージ

WIKAのプロセス産業向けの圧力および温度測定器の性能は、すでに何百万回も証明されています。 プロセスゲージのディビジョンはあなたにその理由を示します。

ご連絡ください

より詳細な情報をお求めですか?ご連絡ください:

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません

  • 0