モデル 232.34, 233.34

ステンレススチール製圧力計

プロセスゲージ、安全モデル ASME B40.100, 直径 4 1/2"

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • より高い安全性の要求
  • 高い動的脈動又は振動を伴う用途の為の液封ケース
  • 腐食性環境及び圧力システムを妨害しない気体や液体媒体に適しています
  • プロセス産業:化学/石油化学、発電所、鉱業、オン/オフショア、環境技術、機械工学及びプラント建設

特徴

  • ASME B 40.1の操作安全要件に準拠して設計された安全壁付セーフティバージョン圧力計
  • 優れた負荷サイクルの安定性及び衝撃耐性
  • 0 ... 1,000 bar(0 ... 100 MPa)までのスケール範囲

製品説明

デザイン

アメリカ標準ASMEB40.1に準拠

呼び径

4 ½"

精度(クラス)

ASMEB40.1に準拠したGrade2A(表示精度0.5%相当)

スケールレンジ

0〜0.6から0〜1,000 bar(0~10 psiから0~15,000 psi)、またはそれ以外の同等の真空または組み合わせた圧力と真空の範囲

圧力制限

常圧: フルスケール

変動時: 0.9 x フルスケール

短時間:1.3 x フルスケールレンジ

温度条件

環境温度:-40〜+ 65℃ 液体充填無し

-20 ~+ 65C ゲージ:グリセリン充填

媒体温度:最大+100℃

温度影響

測定システムの温度が基準温度(+20℃)から逸脱した場合

最大:フルスケール値の±0.4%/ 10K

保護等級

IP 54 (EN 60 529 / IEC 529)

(液体充填 IP 65)

推奨媒体最大連続温度:100℃ 下記テーブルに掲載する短時間に、媒体に浸かる場合、もっと高い温度でも安全の確保ができます。100℃を超える媒体や環境温度にさらされた場合、温度誤差やゲージ部品の劣化を考慮すべきです。100℃を超える環境や媒体温度のいずれかの条件下で、連続使用が必要な場合、ダイアフラムシールや散熱対策を取る事をお薦めします。技術や用途のお問い合わせはWIKAにご連絡ください。

短期間、断続的最大媒体温度の制限

計器ガラス窓が別途必要になります。

260℃ 液体充填無し

130℃ ゲージ:グリセリン充填

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません