セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

潤滑グリースまたはオイルを含む潤滑システムは、摩擦および摩耗を最小限に抑えます。腐食を低減し、ダウンタイムを短縮し、可動部品とベアリングの機械信頼性と耐用年数を保持します。

WIKA測定技術により、正確な量の潤滑が得られます。システム圧力の記録は基本的な前提条件となります。潤滑剤の実際の量が実際に供給され、出口が塞がれていないことを確認するために、流量測定器を取り付けることをお勧めします。利点:消費量が最適化され、潤滑油のコストと環境への適合性が最適化されます。

容器内のレベルを監視することにより、中断のない潤滑が保証されます。これは目視検査又は自動で行うことができます。例えば、容器が遠くに設定されている場合にレベルセンサー又はスイッチで遠隔監視ができます。. 潤滑システムが風や天候にさらされている、或いは周囲温度が低いと潤滑剤の粘度が高くなりすぎることがあります。

そのような時には容器用ヒータが使われます。制御には、温度スイッチの測定信号(リミット値の監視)又は温度プローブ(連続温度測定)を使用します。当社のRLS-3000フロートスイッチは、単一の計測器にレベルと温度の測定機能を組みこんでいます。