セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

機械加工時、冷却用潤滑油エマルジョンは工作機械内で2つの重要な機能を果たします。工具を冷却し(ドリル、カッター)、チップの取り外しをサポートします。

システムを構成するコンポーネント

  • チップコンベアー
  • チップフィルター
  • タンク/ポンプ

工具での蒸発、チップ上の冷却潤滑剤による除去、および異物の持ち越しを通して、冷却潤滑剤タンク内のレベルおよび動作濃度が変化します。

より大規模な金属加工会社では、従業員はしばしばフルタイムのレベルコントロールと補充に従事しています。 Industry 4.0の範囲では、レベルの自動測定と文書化にはいくつかの利点があります。 需要ベースの補充に加えて、消費が文書化され、変化(例えば、リーク)が検出される。 ワークの機械加工により冷却潤滑剤が加熱されます。 この熱は熱交換器で除去する必要があり、限界温度(メーカー仕様)を厳守しなければなりません。 簡単なリミットスイッチで最高温度を監視したり、抵抗温度計でタンク内のエマルジョンの温度を測定することができます。 したがって、需要に基づく冷却が可能であり、これにより大幅な省エネルギーが達成されます。

TRGS 611は、冷却潤滑剤の定期的な監視と文書化を規定しています:

  • 実際には、4〜8%(ハンドヘルド式屈折計)
  • pH値の確認(pH試験紙)
  • 亜硝酸塩含量の測定(試験片)
  • 温度の決定
  • 生殖細胞数(これまで、制限値または標準値なし)

現在の標準は、現場での測定と、その後の紙ベースのテーブルへの手動入力です。 WIKAは、これらの測定値の自動文書化のためのIndustry 4.0ソリューションに取り組んでいます。 手動測定の除去に加えて、より頻繁に測定することにより、冷却潤滑剤の差し迫った「転倒」を早期に示すことができます。 それを回避することができ、冷却潤滑剤の交換を回避することができます。