モデル TR10-H

測温抵抗体

保護管不要

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • プロセスへの直接挿入
  • 機械組立
  • 電動機
  • ベアリング
  • パイプラインや船舶

特徴

  • 適用温度範囲は-200...+600℃(-328...+1,112°F)
  • プロセスへの接続はねじ込み又はオプションのプロセス接続
  • コネクションヘッドの形状はBシリーズ又はJSタイプ
  • 防爆対応

製品説明

サーモウェル無しの測温抵抗体は金属センサー先端を直接ボアホールの中(機械部品の中等)や腐食性や磨耗性がある化学媒体以外のあらゆるアプリケーションのプロセス内部への取付に特に適しています。

サーモウェルへの取り付けに関しては、センサー先端がサーモウェルの底に当たる様にする為にスプリング付きのコンプレッションフィッティングの仕様を推奨しています。これを使わない場合、過大な力が測定部の先端に加えられる可能性があります。通常、プロセスに直接接続されます。固定ねじ、ユニオンナット等の固定部材についてはオプションで対応可能です。

センサーのたわみ部は無機絶縁ケーブルです(シースケーブル) これはステンレス製のシース内部に高密度のセラミックが圧縮されており、その内部にリード線が入っており、絶縁されています。測定抵抗はシースケーブル内部のリード線と直接接続されています。

の為、高温帯でのご使用に最も適しています。センサーチップと変換部のコネクションケーブルを除くと柔軟性があり、ケーブル径の3倍の曲げ径まで曲げても使用出来る層状の測温抵抗体は設置が難しい場所においても設置可能です。

下記、ご注意ください。
柔軟性のあるシース測温抵抗体は、流速が比較的早い場所でのご使用には注意が必要です。 オプションでWIKAのアナログ又はデジタルトランスミッタをコネクションヘッドに取り付ける事ができます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません