モデル DMS-FP

ダイアフラム監視システム

サニタリー用

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 製薬業界向けハイジェニック圧力測定と無菌食品加工
  • パイプライン、発酵槽、バイオリアクター、そして導管
    圧力/真空 監視や高品質かつ危険な媒体の処理及び伝送に使用
  • 活性医薬成分(API)の製造に適している
  • ガス、蒸気、液体、ペースト状、粉末状および結晶化媒体

特徴

  • プロセスと圧力測定機器を確実に分離するダブル-ダイアフラムシステム
  • クランプ接続形式で簡単に取り外しが出来、洗浄やシール材の交換が容易
  • SIPおよびCIPに適用
  • 様々な国で出願された特許。 )DE 19 94 98 31

製品説明

WIKAのダイアフラムシール、圧力測定機器、そして監視機器の組み合わせは厳しいサニタリー測定タスクに最適です。ダイアフラムシールのシステムは、SIPプロセスで発生する洗浄用蒸気の温度に耐えることができ、測定媒体とダイアフラムシールの間で無菌接続となります。

特許取得済ダイアフラム監視は、医薬品およびバイオテクノロジー産業における最高の安全要件を満たすように特別に設計されています。ダイアフラムモニタリングにより、危険がある場合はすぐにモニター機器に表示されるため、ダイアフラムの破損の危険性がなくなります。さらに、電気信号はシステム制御に送られます。ダイアフラムが破裂した場合、圧力測定器の第2のダイアフラムによって、環境とプロセスの確実な分離が保証されます。

ダイヤフラムシールの測定器への取り付けは、標準で直接取り付けで行います。特定の用途に合うように明確に選択されたシステム内部の充填液は、圧力測定機器に圧力を液圧で伝達しています。

クランプ接続のダイアフラムシールは、無菌プロセスで使用するために特別に開発されました。クランプを用いてプロセスに組み込まれています。これによりダイアフラムモニタリングシステムへのサニタリープロセスの統合が保証されます。

WIKAダイアフラムシールを使用したダイアフラムシールシステムは、生命科学業界、食品製造、製薬およびバイオテクノロジー分野での使用に成功しています。

プロセストランスミッター UPT-20付ダイアフラムシールシステム DMS-FP

WIKA diaphragm monitoring system

  • プロセストランスミッター UPT-20付ダイアフラムシールシステム DMS-FPブルドン管式圧力計23x.30付ダイアフラムシールシステム DMS-FPWIKA diaphragm monitoring system
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません