モデル CTD9100

ドライウェル式温度校正器

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

ドライウェル式温度校正器の用途

  • 容易な現場校正
  • 発電所
  • 計器管理
  • 機械製造、組立

ドライウェル式温度校正の特徴

  • 多様な温度範囲
  • 0.15...0.8Kの測定の不確かさ
  • コンパクトデザイン
  • 簡単な操作

ドライウェル式温度計の製品説明

様々な用途
最近では、機械やプラントの操作上の安全性に関して、温度計の迅速で簡単なテストが必須です。

携帯用ドライウェル式校正器CTD9100シリーズは特に現場校正に適しており、非常に使い勝手の良いモデルです。軽量でコンパクトなデザインのため、あらゆる場面において、ご使用頂けます。

この最新機器のコンセプトは安定したした熱源と高精度のPt100の温度測定を1つにした事です。これにより産業用温度プローブの校正をさらに効率的に行うことが可能です。

温度プローブの定期的な監視は、障害を迅速に認識しダウンタイムを縮小するのに役立ちます。

簡単な操作性
CTD9100シリーズのドライウェル式温度計は、温度制御されたメタルブロックと交換可能なインサートで作動します。

コントローラーの2つのボタンを使用して簡単に調整された校正温度は、非常に迅速制御することができます。加熱ブロックの実温度と設定温度は、大きな4桁の高コントラストLEDディスプレイに同時に表示できます。したがって、読み取りエラーは実質的に取り除かれます。

様々なステム径の温度計をドライウェル式校正器にインサートを使用し取り付けることができます。

低い校正レンジで温度均一性が改善された新しいブロック設計により、測定の不確かさを低減させる事が出来ます。150mmの長い挿入長は、放熱誤差を大幅に低減します。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません