モデル 981.18, 981.19, 981.20, 981.21

無菌接続によるインラインダイアフラムシール

衛生的なアプリケーションの場合、スレッド接続

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • パイプラインに直接、迅速に取り外し可能な設置
  • 流れる純粋なメディアの場合
  • 食品、飲料産業
  • 乳製品、ブルワリ、ソフトドリンク製造向け

特徴

  • 完全に円形のダイアフラム(ヨーロッパ、 パ-ト. 番号 0609846)デッドスペースを避ける
  • すべての取り付け位置での自己排水
  • 残渣のない測定ポイントのクイッククリーニング
  • SIPおよびCIPに適用
  • 3-Aに準拠

製品説明

ダイアフラムシールは、圧力測定器を粘性、結晶性、腐食性、高粘性、環境に有害又は有毒な媒体から保護するために使用されます。ダイアフラムは被計測流体から隔絶するのに適した材質から構成されています。したがって、測定器とダイアフラムシールを組み合わせることにより、困難な測定条件でも対応できます。

特定の用途に合うように選択することができるシステム内部の充填液は、圧力を測定機器に液圧で伝達しています。

ダイアフラムシールのデザインや材料など、多数の利用可能な組み合わせによって、ほとんど無制限のアプリケーションの可能性が存在します。プロセス接続のタイプ(フランジ、ねじ込み)および基本的な製造方法は、重要な設計差別化基準です。

ダイアフラムシール及びダイアフラムシールシステムに関するさらに詳しい情報は、アプリケーション、動作原理、デザインに関して記述しているIN 00.06 をご参照下さい。

円形の設計のため、ねじ式の接続を備えたモデル981.18,981.19,981.20および981.21のインラインダイアフラムシールは、パイプラインに直接取り付けることができます。つまり、特別な測定ポイント接続が不要です プロセスラインへの統合により、乱流、デッドスペース、コーナーおよびその他の障害物を避けることができます。このダイヤフラムシールのために、WIKAは完全に丸いダイアフラムを使用しています。ダイアフラムは、媒体の妨げとならない流れのために、チャンバの自動クリーニングを行います。

ダイアフラムシールのシステムは、SIPプロセスで発生する洗浄用蒸気の温度に耐えることができ、測定媒体とダイアフラムシールの間で無菌接続となります。

ダイアフラムシールと測定機器の接続は、標準的には直接接続されますが、オプションとして冷却機構又は伸縮性のあるキャピラリー接続も可能です。

材料選択のために、WIKAは、本体とダイアフラムが同一の材料で作られた様々なソリューションを提供しています。標準でステンレススチール 316L (1.4435)使用されており、他の特殊材にも対応可能です。

モデル981.18,981.19,981.20および981.21を使用した測定システムWIKAダイアフラムシールは、生命科学業界、食品製造、製薬およびバイオテクノロジー分野での使用に成功しています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません