モデル F9304, F93C4

ワイヤーロープ荷重計

アンプ内蔵(30 tまで)

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 過負荷保護

  • ロープ張力の測定

特徴

  • 測定範囲 0 ...1 t0 ...30 t

  • 相対直線性誤差 ≤ ±1.0 %まで フルスケール(名目)
  • ワイヤーロープの直径8 ...44 mm、追加に最適
  • 材質:ステンレス鋼、IP67
  • オプション:冗長出力信号、ATEXバージョン

説明

アンプ内蔵のワイヤーロープ荷重計は、最大30 tの測定範囲と8 ...44 mmのワイヤーロープ直径用に設計されています。また、Exバージョンも提供されています。

 

既存のホイストまたはクレーンシステムに過負荷保護を実装する場合、この荷重計が最初の選択肢となります。機械の設計変更や静的計算も不要です。

このワイヤーロープ荷重計のタスクは、ロープ荷重を堅牢かつ正確に監視することです。この測定は静止ロープで行われるため、ロープアンカーポイントが必要となります。このとき、荷重計は、取り付けられた後、簡単な数ステップの手順でロープに固定されます。

 

システムソリューションとしての過負荷電子機器も使用可能です。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません