モデル F6137

油圧円形荷重計

地盤工学バージョン(700 kNまで)

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 土木および特殊建設

  • トンネル建設
  • 鉱業(地表および地下)
  • 測量および橋梁建設
  • 斜面の安定化、壁の保持および掘削

特徴

  • 測定範囲 0 ...80 kN0 ...700 kN

  • 相対圧力誤差はアナログ圧力計で±1.0%、デジタル圧力計または圧力センサーで±0.5
  • ピストンストローク≤ 0.5 mm
  • 供給電圧なしで動作
  • 亜鉛メッキ鋼製のケースとピストン

説明

型式F6137油圧円形荷重計の地盤工学バージョンは、公称サイズNS 82、最大700 kNで提供されています。

 

この油圧荷重測定ユニットは、測定または表示器と組み合わせて、測定値を直接表示したり、アナログ信号として出力したりすることが可能です。油圧媒体で満たされたシリンダーとピストンの組み合わせが、アンカー荷重測定システムの基礎を構成します。これには、表面塗装が施された鋼またはステンレス鋼(オプション)バージョンがあります。地盤工学の要件に沿って、非常に堅牢に設計されています。

利用可能性を最大限に高め、容易にメンテナンスできるようにするため、油圧液を失うことなく動作条件下で外部測定値荷重計/表示器を取り外して交換することができる接続ソリューションを提供しています。

 

油圧荷重測定ユニットでは、トンネル建設、橋梁建設、斜面安定化などのさまざまな地盤工学分野の用途が可能です。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません