モデル F2221

小型張力/圧縮力荷重計

10 Nからの小さな測定範囲向け

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 建設と装置
  • 生産ライン、製造工場
  • 測定および制御施設
  • 特別な機器と機械の建設
  • ケーブル力測定

特徴

  • 測定範囲 0...10 Nから0...50 kN
  • 組み立てやすさ
  • 小さな形状
  • ステンレス製

製品説明

小型張力/圧縮力変換器は、直接力束の静的および動的測定タスク用に設計されています。 幅広い用途で張力と圧縮力を決定します。 たとえば、ロープやロッドの実際の力を測定することができます。この張力/圧縮力に力が加えられます円筒体の両側にあるねじ付きボルトによるトランスデューサー。測定範囲は、定格荷重10 Nから始まります。

Note
過負荷を防ぐには、取り付け中に荷重変換器を電気的に接続し、測定値を監視することが有利です。 荷重変換器を取り付ける際には、ねじりモーメントと曲げモーメントを避ける必要があります。

力は中心に軸方向に加えなければなりません。 ねじりモーメントと曲げモーメントは避けなければなりません。

Option
最大250°Cの高温バージョン
ケーブルアンプ4 ... 20 mAまたは0 ... 10 V出力
その他のケーブル長

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません