モデル 101.00, 101.12

ブルドン管圧力計、銅合金

プラスチックキャピラリー付 直径27, 40

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 加熱設備およびプラント用


特徴

  • プロセス接続:G¼Bまたはプラグ接続
  • スケール範囲:04 barまたは06 bar
  • モデル101.00:非常に簡単にインストールできます(スナップインマウント)
  • キャピラリの曲げや巻き取りは不要
  • 特徴的な適用条件下での長期試験での適合性の確認

製品説明

モデル101.00,101.12は、プラスチックのキャピラリーを備えた機械的圧力計です。これらの圧力計は、実証済みのブルドン管測定システムに基づいています。プラスチック製のケースは、標準で27mmと40mmのサイズが用意されています。

プラスチックキャピラリの特長

キャピラリの長さと柔軟性で、表示機の取り付け位置は測定ポイントと離す事が出来ます。特定のプラスチックの使用により、高温でもキャピラリーの長期耐久性は維持されます。銅製キャピラリーと比較してプラスチックキャピラリーの利点は、これらが曲げたり巻きつける必要がないことです。したがって、プラスチック製のキャピラリーは、取り付けをはるかに容易にし、疲労破壊の危険性を排除します。

加熱技術における応用分野

これらの圧力測定装置は、特に加熱プロセス用途に適しています。特徴的な適用条件下での長期試験において、機器の適合性が確認されました。

個別顧客仕様

WIKAは長年にわたる製造と開発の経験に基づき、顧客固有のソリューションを提供しています。G¼B標準プロセス接続は、要求に応じて、スレッドでプラスチック製のシールリングも可能です。これにより、取り付け時に時間がかかりミスが発生しやすいシーリングが不要になります。顧客固有のプロセス接続設計では、WIKAは要件を満たすプラスチックプラグ接続の開発も行っています。

ブルドン管圧力計、モデル 101.12.027

ブルドン管圧力計、モデル 101.12.027

  • ブルドン管圧力計、モデル 101.12.027ブルドン管圧力計、モデル 101.00.040
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません