モデル TW70

プロテクションチューブ

プロセス接続はフランジ, ねじ込み, 溶接接続から選択可能

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 石油化学, 海上/海岸, プラントエンジニアリング
  • 低、中負荷プロセス向け
  • ボイラー、焼却炉、炉および原子炉容器

特徴

  • 可変長と寸法
  • 多種多様な材料
  • TW70-K: 溶接接続
  • TW70-L: フランジ接続
  • TW70-M: ねじ込み接続

各保護チューブまたはサーモウェルは、あらゆる温度測定ポイントの重要な構成要素です。プロセスを周囲のエリアから切り離して環境と作業員を保護し、温度センサ自体からの攻撃的な媒体、高圧および流速を保ち、それによって動作中に温度計を交換することを可能にします。

ほとんど無限の用途の可能性に基づいて、そのような保護管の設計や材料など、多数のバリエーションがあります。プロセス接続の種類と基本的な製造方法は、重要な設計上の差別化基準です。ねじ付き保護チューブと溶接保護チューブ、およびフランジ接続付きチューブの間で基本的な違いがあります。

TW70シリーズの保護チューブは、WIKA製の数多くの電気式体温計での使用に適しています。

これらの保護チューブは、化学工業、プロセス技術、および機器製造での使用に適した低中負荷のプロセス負荷用です。

プロテクションチューブ
  • プロテクションチューブ
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません