モデル TW50

ねじ込み接続サーモウェル(くり抜き式)

DIN 43772 フォーム 6, 7, 9 準拠

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 化学工業、プロセス技術、装置建設
  • 高いプロセス負荷

特徴

  • DIN 43772準拠バージョン
  • モデル TW50-H: フォーム 6
  • モデル TW50-I: フォーム 7
  • モデル TW50-J: フォーム 9

製品説明

サーモウェルは、あらゆる温度測定ポイントの重要な構成要素です。プロセスを周囲から分離するために使用されるため、環境や作業員を保護し、温度センサを危険な媒体、高圧、流量から守り、運転中に温度計を交換することができます。

様々な用途に適用できるよう、サーモウェルのデザインや材料など、多数のバリエーションがあります。プロセス接続のタイプと保護管の基礎構造は、プロセス設計において重要です。基本的な違いは、ねじ込み及び溶接接続サーモウェルとフランジ接続に区別されます。

さらに、パイプ溶接式サーモウェルとくり抜き式サーモウェルとを区別することができます。パイプ溶接式サーモウェルは、先端部品とパイプが溶接されています。くり抜き式サーモウェルは材料を削り出すことで製造されます。

ねじ込み接続のくり抜き式サーモウェルのTW50シリーズは、WIKAの多数の電子式及び機械式温度計との使用に適しています。

DIN 43772準拠の設計により、高負荷プロセス用として、化学工業、プロセス技術及び機器製造業界での使用に適しています。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません