モデル TC96-M

ミニチュア多点熱電対

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 化学および石油化学産業
  • 反応炉の温度層またはホットスポットの測定
  • 燃料貯蔵庫

特徴

  • 柔軟性のある設置
  • 二次格納容器
  • 置換性

製品概要

多点熱電対は、反応炉または燃料貯蔵庫の温度プロファイルの測定、または、いわゆる「ホットスポット」の検出によく使用されます。

個々の測定ポイントは、外部保護チューブに詰め込んで、あるいは巻き込んで設置します。測定ポイントは用途に合わせてさまざまな高さに配置されます。お客様のニーズに応じて、保護チューブは、直接取り付けのためのプロセス接続部またはガイドチューブの内部に組み込まれます。接続端子または温度送信機は、多点熱電対の構成要素のいずれかである接続ハウジング内に配置されるか、または別個に、例えば、壁やパイプラインに取り付けことができます。

温度プロファイルが必要で、センサーの質量またはサイズが制限される場合に、これらのアセンブリーが使用されます。それらは、特定の用途に合わせて多種多様な構成で構築することができます。

例えば、いくつかの用途では、多点熱電対にトラバース機能を追加することができます。これにより、トラバースストロークの間隔全体にわたって連続的なデータを収集することができます。この機能は、触媒またはプロセス活動に関する重要な情報を収集するのに役立ちます。これらのトラバースユニットは、位置の正確なフィードバックで電気的に駆動することができます。

Gayesco
ミニチュア多点熱電対
  • ミニチュア多点熱電対
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません