モデル TC95

帯形状多点計測用熱電対

保護管有り または 無し

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • ケミカル、石油化学業界
  • 反応炉の層状の温度計測、またはホットスポットの温度計測
  • 燃料注入口

特徴

  • お客様の仕様のバージョン
  • 多様なプロセス接続
  • 測定箇所の変更が可能
  • 保護管との併用が可能
  • 防爆対応(Ex i、Ex n、NAMUR NE24)

製品説明

多点計測熱電対は、反応器や燃料貯蔵タンクの温度監視、特にホットスポット(急激な温度上昇の可能性がある箇所)に使用されます。

多点計測温度計において、帯形状は一般的な形状です。本設計では、必要に応じて熱電対あるいは測温抵抗体が交換できるように、また帯形状の上に直線的に配置されています。

速いレスポンスタイムを実現するために、各温度計は保護管の内側の壁面に接するようにバネで押し付ける構造となっております。多点式のため配線端子が多く必要であるため、端子箱が必要になります。特殊形状の端子箱をヘッドの位置に取り付けるか、または端子箱を壁取付にすることができます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません