モデル GFR-3

フレームロッド

パイロットライト検出向け

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 粗炉
  • 流動接触分解炉
  • 水素処理炉
  • ハイドロクラッキング炉

特徴

  • 高予熱炉(482°C / 900°F)の過酷な環境向けに設計
  • 信頼性を高めるための大幅に堅牢な設計と材料
  • 改良されたチップ設計により、カンタルチップの交換が容易になりました
  • 簡単なメンテナンス

製品説明

モデルGFR-3は、パイロット光検出用の最新世代のフレームロッドです。 パイロットに存在する実際の炎を検出します。 これにより、オペレーターは燃料をバーナーに充電する前にパイロットが点灯していることを確認できます。 フレームロッドは、カンタルチップを交換する際に比較的簡単にアクセスできるワンピースの器具を作成することにより、パイロット光検出システムを簡素化するように設計されています。 GFR-3は、お客様のますます厳しい炉サービス要件に応えて設計されています。

この設計により、個別のパイロットフレーム表示が可能になり、光学式スキャナーの非個別表示がなくなります。 Callidus、John Zink、Zeecoによって設計されたパイロットに適しており、安全な炉操作プログラムの一部として主要な製油所の標準です。

Flame rod model GFR-3
  • Flame rod model GFR-3
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません