モデル F1861

圧縮荷重変換器

最大50 tの両側球面力の導入

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 測定および制御システム
  • トラックスケール
  • プラットフォームスケール
  • タンク計量

特徴

  • 測定範囲0 ... 10 t〜0 ... 50 t
  • 相対直線性誤差0.03%Fnom
  • 材料:ステンレス鋼バージョン、IP67
  • 二重球面力導入を備えたセルフセンタリングロッカーピン
  • 利用可能なアダプタープレート

製品説明

モデルF1861圧縮力変換器は、最大50 tの静的圧縮力の測定に適しています。 そのコンパクトさと堅牢な設計により、産業用途に特に適しています。この力変換器の適用分野は、静的な力または重量を測定する必要があるさまざまな産業用途にあります。 例としては、産業用計量技術があります。この力変換器の特別な機能は、二重球形の力を導入するロッカーピンを使用した設計です。 力変換器は防滴であり、困難な動作条件下でも確実に動作します。

Note
過負荷を回避するには、組み立て中に力変換器を電気的に接続し、測定値を監視することが有利です。測定力は、中央から導入し、横方向の力をかけないようにする必要があります。 力変換器を組み立てるときは、支持面が平らになるように注意する必要があります。

圧縮荷重変換器
  • 圧縮荷重変換器
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません