モデル CPP30

空気圧式テストポンプ

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 実験室、ワークショップ、又は現場での簡単な圧力発生
  • すべてのタイプの圧力測定器のテスト、調整、校正
  • -950 mbarから+35 bar-14 ... 508 psi)までの空気圧発生

特徴

  • 人間工学に基づくハンドリング
  • 微調整バルブによる正確な圧力設定
  • コンパクトサイズ
  • 軽量

製品説明

用途の範囲

テストポンプは、比較測定によって機械式及び電子式圧力測定器の試験、調整及び校正の際に圧力を発生させる為に使用されます。通常これらの圧力試験は、実験室、ワークショップ、又は現場において任意の測定点を設定して実施できます。

快適な操作

試験対象と適切で正確な基準測定器がテストポンプに接続されているとき、ポンプを作動させると両方の測定器に同じ圧力が作用します。試験対象測定器と適切で正確な基準測定器がテストポンプに接続されているとき、ポンプを作動させると両方の測定器に同じ圧力が作用します。測定点の正確な圧力発生を可能にするために、テストポンプには微調整弁が取り付けられています。

簡単な取扱い

そのコンパクトなサイズにもかかわらず、CPP30テストハンドポンプは最大で35 bar(508psi)の正確なテスト圧力発生が可能です。切り替えスイッチによって真空発生を最大で-950 mbar(-14 psi)まで発生可能です。達成可能な最大圧力または真空は、取り付けられた測定器の流路の容量に依存します。このテストポンプには、精密な圧力設定を可能にする微調整弁があります。基準測定器はポンプの上部に直接接続され、試験対象測定器は接続チューブ(長さ0.5m / 19.69")を介してG 1/4"雌ねじで接続されます。

空気圧式テストポンプ, モデル CPP30

空気圧式テストポンプ, モデル CPP30

  • 空気圧式テストポンプ, モデル CPP30
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません