モデル CPB6000DP

重錘形差圧圧力天びん標準器

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 高度な標準器
  • 差圧センサーとトランスミッターの試験及び校正
  • 正及び負の差圧
  • ピストン シリンダシステムの有効面積決定のためのクロスフロート測定

特徴

  • 測定範囲 (= 静圧 + 差圧) 800 bar / 11,600 psiの空圧
  • 総合測定誤差は 差圧の0.008 % + 静圧0.0001 % (1 ppm)
  • 標準でCOFRAC校正証明書付
  • 長期間に渡る信頼性があり、校正は5年に1度を推奨しております。
  • 差圧(DP) 10 Paから 800 bar まで(0.04 inH2O から 11,600 psiまで)、静圧1 ppmまで

製品説明

主要な標準器
重錘形圧力天びんは高精度な基礎的圧力標準器で、式p = F / Aに従った質量、長さ及び時間の基本単位から直接導き出された圧力単位を定義します。

Desgranges&Huotのノウハウと組み合わせた重錘形圧力天びんによる圧力の直接測定は、市場で最も優れた計量スペックを保証します。

  • 高品質のピストンシリンダーシステム(高い浮動時間と長時間安定性)
  • 鋳造アルミケースと頑丈な簡易組立(最小のメンテナンスとオーバーホールサービス)

CPB6000DPは差圧及び高い静圧の校正用に設計された、デュアル液体潤滑ガスタイプの重錘型天びんです。

1台のCPB6000DP は2台のCPB6000-PX の組み合わせで構成されます。

  • 操作を容易にし、測定の質を向上するために、1つの共通の操作方法に統合されています。
  • 圧力制御が内蔵されています。
  • CPB6000DPの片面は、ゲージ圧校正用のCPB6000-PXとして使用することもできます

用途
CPB6000シリーズの重錘型圧力天びんは、非常に幅広い圧力校正及び測定タスクに適用されます。適切な構成により、標準器ラボでの使用のために、及び製造現場での標準器としても使用できます。

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません