モデル CPA2501

エアデータ試験測定器

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 航空機製造所での校正
  • 航空機の修理ステーション
  • 航空電子工学機器の製造
  • 航空宇宙産業機器の製造
  • 風洞

特徴

  • 精度はFS±0.01%
  • RVSM準拠
  • Ps, Qc, Ps/PtもしくはPs/Qc設定の仮想チャンネル
  • 高度と対気速度数値の表示
  • 高度測定は最大100,000ft、対気速度は1,150knotsまで測定可能

製品説明

用途
エアデータ試験測定器のモデルCPA2501は高度と対気速度のアプリケーションにおける高度計、対気速度メーター、高度表示、対気速度表示、高度表示(直線的な対気速度)、対気速度表示(加速度)等の校正を行う際に使用されます。高い精度の要求が要求される航空電子機器用の計器もしくは校正機器においてはどの様な用途でも必要とされます。

機能
CPA2501はPs/PtもしくはPs/Qcによる高度チャンネルと対気速度チャンネルの設定を行う事が出来ます。Psのみの場合はシングルチャンネルの高度/高度比率計器として、Qcのみの場合はシングルチャンネルの対気速度/対気速度比率計器として、もしくはPs/PtもしくはPs/Qcのデュアルチャンネルユニットとしての設定を行う事が出来ます。Ps/Pt版の対気速度/対気速度比率チャンネルは計算チャンネルとなります。オプションのバロメーターは前面操作盤もしくは独立したチャンネルとして表示する為の設定を行う事が出来ます。それぞれのチャンネルの圧力レンジはお客様により指定する事が出来ます。

バージョン
CPA2501のバージョンは以下の通りです:

  • Ps(高度バージョン)
  • Qc(対気速度バージョン)
  • Ps/Qcと仮想Ptチャンネル
  • Ps/Ptと仮想Qcチャンネル

オプションとしてどのバージョンにおいても気圧センサーを追加する事が出来ます。

通信
ユーザーインターフェースマニュアルは大型画面のディスプレイとタッチパネルに表示されます。ナビゲーション内の直観的なメニュー構造により簡単に理解する事が出来ます。明瞭なタッチパネルアイコンにより機器設定と校正の画面を開く事が出来ます。

リモートコンピュータへの通信はによってRS-232、IEEE-488、USBもしくはイーサネットにより実現されました。

通信コマンドは旧式のメンサー航空電子工学ゲージのモデル2108と2109もしくはWIKAコマンドセット"SPI"と同様です。

Mensor
エアデータ試験測定器
  • エアデータ試験測定器
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません