モデル LGG

グラスゲージ

直視式レベル計

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

グラスゲージの用途

  • 電源なしで水位を連続表示
  • 水位を直接表示
  • 独立構造と耐腐食材を使用することで幅広い用途に対応可能
  • 化学、石油化学、石油 ガス採掘(オンショア オフショア)、造船、機械製造、発電設備、発電所
  • 石油 ガス、熱交換 冷凍システム、低温貯蔵プラント

グラスゲージの特徴

  • プロセス及びシステムに合わせた製作
  • 使用条件:
    - 使用温度:-196 ... +374 ℃ 1)
    - 使用圧力:真空~250 bar 1)
  • 多種多様なプロセス接続及び材料
  • 照明の選択が可能
  • 保温、絶縁の選択が可能

1) 個別の制限 用途の制限について、温度と圧力を複合的に考慮することが必要


グラスゲージの説明

グラスゲージの主なエレメントはボディ本体ですボディに、水管(場合によって加熱導管)と座面が密閉されたチャンバー及び直視ガラスが装着されます

ボディにはバルブヘッドと接続継手が取付けられる、もしくは既に付属されています必要に応じてドレンまたはベントも装着出来ます

U型ボルトでガラス、マイカ板を固定し、カバーや圧力フレームによって密閉されますグラスゲージ用ガラスは、DIN7081規格準拠のホウケイ酸ガラスを使用しています

蒸気の場合、ガラスは243℃まで、マイカ仕様は300℃まで使用可能です。他の媒体の場合、最大300 ℃まで、また特殊仕様の場合、374 ℃まで対応可能です特定の用途では、マイカ板の使用が必要です

グラスゲージ

グラスゲージ

  • グラスゲージ
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません