モデル GLS-1000

フロートスイッチ

産業用途には、PNPまたはNPNスイッチング出力

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

用途

  • 機械建屋内の液体のレベル測定
  • 油圧パワー・パック、コンプレッサー、冷却システムの制御と監視

特徴

  • 従来のPNP/」NPNリミット・レベルスイッチのフロートスイッチへの置き換え
  • 単一の機器による複数のスイッチポイントと並列温度の監視
  • 個々のスイッチポイント間の距離が≧  2.5 mmであるため、非常に小さなレベル変化のモニタリングが可能
  • 1 mm以下の高い正確度により、信頼性の高いレベルモニタリングが可能

製品説明

革新的なモデルGLS-1000フロートスイッチは、液面を監視するために開発されました。実績のある堅牢なフロートベースの測定原理と、PNPおよびNPN出力信号を使用した最新のデジタルスイッチング技術の利点を組み合わせたものです。GLS-1000は、例えば石油、水、ディーゼル、冷媒などのさまざまな媒体に適しています。

測定原理
フロートに組み込まれた永久磁石は、その磁場によって、ガイドチューブに組み込まれた半導体センサーを作動させます。スイッチング動作は非接触であり、摩耗することがありません。機械的な切り替えプロセスは起動されないため、センサーは無制限の切り替えサイクル数を提供します。

顧客の要望に応じて、ノーマルオープンとノーマルクローズのスイッチング機能は、定義されたスイッチ位置のPNPまたはNPN出力として実現できます。

With cable outlet and float from Buna
  • With cable outlet and float from BunaWith circular connector M12 x 1 and cylindrical float
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません