モデル CTR5000

高精度温度計

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

精密温度計向け用途

  • -200℃から962℃の範囲で高精度の温度測定ができる精密温度計 (-328 ... +1,763.6 °F)
  • 工場及び校正機関の温度測定機器の試験、調整、校正用の基準器
  • 現場での測定、校正にも適した、完結型のシステム

精密温度計の特徴

  • 温度測定範囲:-200 ... +962 ℃ (-328 ... +1,763.6  ℉)
  • 精度:0.01 ℃、オプションで0.005 ℃
  • 標準として2チャンネル、オプションで4、又は6チャンネルを選択可能です
  • マルチプレクサでさらに64チャンネルまで拡張可能
  • SMARTプローブレビュー及び編集

精密温度計の説明

モデルCTR5000精密温度計には2つのチャンネルが標準装備されていますが、4又は6チャンネルのバリエーションがあり、各チャンネルで最大70のユーザ定義のプローブを使用できます。

精密温度計は、PCまたはUSBメモリスティックに送信することもできるデータロギング機能を備えた連続チャンネルスキャンも提供します。また、CTR5000は、直接比較校正機能を備えた単一測定、示差測定、代替測定モードに対応しています。

正確な温度計をもつ校正されたプローブを使用することで、機器のメモリーに校正データを保存するか、またはASL SMARTプローブを使用するかを選択することができます。

SMARTプローブのデータも見直し編集することができるので、ASL SMARTプローブの校正が容易になります。また、基準温度と抵抗値の対データから、係数を生成することもできます。

精密温度計はITS 90、CVD、EN 60751およびIEC 751規格に適合する温度範囲を測定することができ、その結果は多くの数値統計グラフィック情報を含むLCDバックライト付きディスプレイに表示されます。USBインターフェースも標準装備されていますが、オプションのRS-232、IEEEやLANインターフェースも利用できます。

長期間の信頼性を保証するため、精密温度計は機械式リレーやポテンショメータを使用しない表面実装技術
を採用しています。

精密温度計、モデルCTR5000

精密温度計、モデルCTR5000

  • 精密温度計、モデルCTR5000
Flyer

Advantages of AC resistance thermometry bridges

Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません