モデル CPH6000

圧力キャリブレータ

携帯型圧力キャリブレータ

選択された資料
セールスコンタクト

ビカ・ジャパン株式会社

電話番号:
+81 3 5439 6673
Fax:
+81 3 5439 6674
info@wika.co.jp

圧力キャリブレータの用途

  • 校正サービスを行う企業や業種
  • メンテナンス設備
  • 計器管理
  • 品質管理

圧力キャリブレータの用途

  • 簡単に交換可能な基準圧力センサを備えたデジタルインジケータ(センサは外部取付も可能)
  • 測定範囲 計測レンジ 0 ... 250 mbar から 0 ... 8,000 bar 0 ... 4 psi から 0 ... 116,000 psi
  • 精度はフルスケール0.025%まで対応可能(校正証明書付き)
  • 校正及び圧力スイッチテスト機能
  • ソフトウェアとハンドポンプも収納可能なサービスケースもご利用頂けます。

圧力キャリブレータの説明

取扱い

アプリケーションに適合させるために、最高0.025%の精度と8,000 bar(116,000 psi)までの測定範囲からセンサーを選択可能です。それらは迅速且つツールなしで取替えができます。基準圧力センサはキャリブレータに固定されているだけでなく、約1.2m(4 ft)の接続ケーブルによって接続することも可能です。キャリブレータの基準圧力センサが変更された場合、デジタルインジケータは新たな測定レンジを認識するため、ユーザーが設定を行う必要がありません。

機能

セットアップメニューには、次の3つの操作モードがあります。
MEASURING、CALIBRATION、PRESSURE SWITCHTEST CALIBRATIONとPRESSURE SWITCHTESTモードでは、メニューアシスタントが各操作中にユーザーをサポートします。
例えば、複数の校正より得られたデータを記録し、スイッチのヒステリシスを自動的に計算します。試験対象に電力を供給しその測定信号を読み取るため、保護キャップ付きの電気入出力接続口を備えています。

ソフトウェア

CPH6000に保存された校正データの評価及び文書化には、WIKA-CAL 校正ソフトウェアを利用することができます。このソフトウェアを使用すると、データは自動的に印刷可能な校正証明書に転送できます。さらに、WIKA-CALはPCベースの校正に加えてSQLデータベース内の校正データと計測器データの管理も提供しています。データ転送にはRS-232とUSBインターフェースが利用できます。

テスト、サービス機器一式を収納可能なケース

圧力校正器のメンテナンス及びサービスアプリケーション向けに、用途に応じたサービスケースを選択可能です。このサービスケースには、充電器、テストケーブルセット、アダプタなどが付属しています。

保証された精度

基準圧力センサの精度は、製品に付属している工場校正証明書によって保証されています。ご要望により、DKD / DAkkS校正証明書の発行も可能です。

圧力キャリブレータ モデル CPH6000

圧力キャリブレータ モデル CPH6000

  • 圧力キャリブレータ モデル CPH6000
Wish list - Documents (0)

ウィッシュリストにドキュメントがありません。どのドキュメントもダウンロードページからウィッシュリストに追加することができます。追加する際には、ご希望の言語を国旗アイコンからお選びください。

上限数20エントリに達しました

ダウンロードリンクをメールで受け取るには、こちらにアドレスをご記入ください:

e-mailアドレスが正しくありません